誰も知らないバイナリーオプションの秘密

これさえ知っていれば大丈夫!

メインイメージ

バイナリーオプションの海外は自由度が高い

バイナリーオプション取引を海外の業者で行っている人が増えています。なぜ海外業者を選ぶ人が増えているのでしょうか。その理由の1つとして取引時間と回数がかなり自由名のです。日本国内と比較しても海外の自由度がかなり高いのです。国内の業者での取引時間帯は、国内の市場が開いている時間だけですので、サラリーマンなど夜中に取引をしたいと思っている人もいるかもしれませんが、それはできません。そして1日に取引可能な回数も制限されているのです。ですが海外の業者の大半が24時間、いつであっても取引する事ができるのが特徴で、1日に取引可能な回数も限度がありません。バイナリーオプション取引はFXや株と比較しても1回の取引での利益額は決定されています。ですから沢山稼ごうと思ったらそれだけ沢山の取引回数をこなす必要があります。そういった視点から考えると24時間いつでも好きな時間帯に回数の制限のない回数取引をする事が可能だということはかなりのメリットといえるのではないでしょうか。

国内においては自主規制があり取引の時間は最低でも2時間以上は開けなければいけませんし、1営業日に設定する事ができる判定時間も最大で12回と決められました。こうした自主規制が導入されたことからますます海外を利用している人が増えている事は事実です。好きなタイミングで取引をする事が出来るということはそれだけバイナリーオプション取引を自分の時間にやりたいと思っている人に取ってはチャンスが増える事にもつながるでしょう。取引開始から終了までたった10分といった海外の業者もあるので手っ取り早く取引をしている人が多いのです。国内の業者は自分が予想をしたいと思ったときに予想できないで、決められた時間の中で、しかも判定時間に寝の動きがどうなっているのか予想をする事しかできない点が大きな違いです。もしも自由に取引をしたいと思っているのであれば、海外業者を選ぶといいでしょう。

バイナリーオプションと確定申告

バイナリーオプションで20万円以上の利益を一年間に稼ぐ事が出来た人は確定申告をして税金を支払う必要があります。確定申告までの流れについてここでは見てみましょう。バイナリーオプション取引だけでなくほかの投資もしている人は、それらの一年間に得る事ができた雑所得を計算します。所得を得るために費やした必要な経費があるという人は総所得の額から差し引くことが可能です。他にも所得がある人はそれらと合算して税金の金額を計算する事になります。確定申告で忘れがちなのが経費です。バイナリーオプション取引をするとなると最初に投資用の資金が必要です。これは経費とは言いませんので注意しましょう。しかし取引をするにあたって支払った手数料、これは経費になりますので、手数料は経費としてメモしておきましょう。また手数料だけでなく振込手数料やセミナーの参加費用なども含まれます。筆記用具を取引に使ったとか、通信費やプロバイダ料、関連している雑誌を購入して勉強したというケースでも経費になる事がありますので一応経費として挙げておくといいかもしれません。判断がちゃんと出来ていなかったとしても最低限の経費になりそうだと自分が思ったものは領収書を残しておいたほうがいいでしょう。経費に分類する際にあとで役に立ちます。そして確定申告が楽になるようにエクセルで計算をしておいたり、メモを残しておくことが重要です。

税金を支払うなんてせっかく稼いだのに損をしているようだと思う人もいるかもしれないのですが、これは投資家に課せられた義務ですので、サラリーマンであっても主婦であってもバイナリーオプション取引をしている人にとっては支払うべきものなので覚えておきましょう。納税を怠ってしまうと後でトラブルになりますし脱税の容疑で取り調べられたりしますから、きちんと支払いましょう。初心者の場合は20万円も稼げるのかと心配な人もいるかもしれませんが、稼ぐ事は可能なのです。

アーカイブ

プロフィール

運営者:笹本 ほのか
■お問い合わせ
Copyright© 2014 誰も知らないバイナリーオプションの秘密 All Rights Reserved.